作品コンセプト

 

全体の作品のテーマは生命についてです。

 

正直私は、命の尊さや重さは言葉では理解できません。

しかし、その生命を目にした時にどうしようもない威圧感と畏怖、そして焦燥感に襲われるのです。

そしてその瞬間を書き留めておかずにはいられません。

 

「美しい」ものは単に”クリーン”なものではないと考えます。私には、朽ちていくものや醜いものにも「美しさ」が秘められているように見えるのです。

 

残念ながら、芸術は日本で、まだまだ一般的ではありません。美術館へ足を運ぶ人が増えましたが「絵を描いてください」と言うと「私は絵が下手だから」と、なかなかペンを持ってもらえません。しかし、本来なら絵は幼い頃に誰しもが描いたことのあるものであり、どんな方法よりも自己表現しやすいものではないかと私は考えています。何かを描こうとするのではなくて、まずは色を重ねていくこと、今の気分の色を紙に塗ってみるだけでもストレスの発散など、精神的に大きく作用すると思います。

 

 

現在、芸術からかけ離れた生活を送っている人や、逆に興味がある人、また何か楽しみを探している人に対して日本でアートワークショップを行なっています。日本の伝統である【いけばな】をいかしたワークショップをはじめ、自分の「好き」を見つけるお手伝いをさせていただいています。

 

 

Concept

 

I feel that what is beautiful is not simply what is clean. To me, there is beauty hidden even in things that are rotten and unsightly. I choose oil pastels as my medium because, unlike with a brush, I can use my fingers and sense of touch to vividly portray life in its entirety, and by putting my soul into my work I feel that there is a soul dwelling in the newly drawn animal, as well.

 

Unfortunately, art is still not commonplace in Japan. The number of people who set foot in art museums may have  increased, but if you tell someone, draw a picture, they will likely say, Im bad at drawing, and will not pick up a pen. And yet, everyone must have drawn pictures as a child. I am sure there is no easier way for people to express themselves. I think that rather than trying to draw something¸ just blending colors and filling the paper with how one is feeling in the moment can relieve stress and have a huge psychological effect.

 

 

I am currently conducting art workshops in Japan for people without art in their lives, people who are interested in art, and people who are simply looking to have fun. I try to help people to discover new interests through traditional Japanese ikebana (flower arrangement) workshops, among other things.

 

Thank you for viewing my pages.